So-net無料ブログ作成

アトピーの基準は

その基準は、人が変わったり、時代が変わったり、
経験を積むことによって変化する性質のものであります。
感情も心の中の自然現象ですから、必然的なものであり、
是非善悪とはまったく関係のないものです。
ですから、感情には責任がないというのであります。
感情の発生する過程を考えてみますと、
はじめに内外からの刺激があって、そこに「感じ」が聾しり、
それが発展して「感情」になるものと思われます


PR 主婦湿疹
PR 脱ステロイド
PR アトピーストレス
PR ホメオパシーアトピー
PR アトピー温泉
PR 手湿疹
PR アトピー症状
PR アトピー保湿
PR アトピー入浴
PR アトピー紫外線
PR ステロイド
PR アトピー温泉
PR アトピー薬
PR アトピー生活習慣
PR アトピー漢方薬

アトピーで注意すること

「見てはいけない」ということになれば、
ますますそのものを意識し注意することになりますし、
「絶対に見てはいけない」ということになれば、
そのものが見えることを絶えず恐れるようになるのであります。
こうして「心のとらわれ」ができあがるのであります。
結果的にその感覚をより強く意識し、
強化することになるのであります。


PR コチラ
PR アトピー
PR コチラ
PR アトピー
PR コチラ
PR アトピー
PR コチラ
PR アトピー
PR コチラ
PR アトピー

早く消そうとして

早く消そうとして、いろいろとやりくりする傾向があります。
感情の法則」を知らないときは、
一層そういう傾向になりやすいと思いますし、
いやな感情ですから自然に逃避欲求が働いて、
そうする気持ちはわかりますが、
やりくりすればするほど「こじれて」しまって、
簡単に消えなくなり、返って苦しむよう
になるのであります。
虫のいい願望というか認識があって、
それが元になって不快感を早くなくそうと
「やりくり」するようになるのだと思われます。


PR アトピー治療
PR アトピー性皮膚炎
PR アトピー
PR アトピー食事
PR アトピー食生活
PR アトピー性皮膚炎
PR 赤ちゃんのアトピー
PR 子供のアトピー
PR 大人のアトピー
PR 幼児のアトピー

発生する心の中の

森田理論では、その点について「感情の法則」なるものを明らかにしておりますの
で、これからそれについて考えてみることにしたいと思います。
 その前に、感情に関する基本的なことについての私見を述べておきます。
感付とは自然現象というのは、すべて必然的なものであって、
是非善悪とは関係のないものです。
是非善悪は人間が考え出したものですから、その基準は、
人が変わったり、時代が変わったり、
経験を積むことによって変化する性質のものであります。

衝動的な言動を謹んで

衝動的な言動を謹んで、第一の法則に従って対処する方がよ
いと思われます。
食欲や睡眠欲のように、本能的な衝動を満足させなければならない
場合があるのも事実ですから、そのような場合には周囲に迷惑をかけないように配慮
しながら、その欲望を満足させるように努力することも大切であります。
どんな感情でも「感情は、同一の感覚に慣れるに従ってにぶくなり不感となる
ものである」というのであります。
刺激の継続や執着によって同一の感情が永く続いて困ることが多いものです。
そのまま藩を続けていると次第にその雰囲気に慣れてきて、話蔑に注意が向く
ようになります。

感覚でとらえるもの

内外の刺激よって発生する心の中の自然現象ですから、本質的には雨が降
るという自然現象と同じですが、感情は「感じとる」ものであり、雨は日に見えて
「確かめることができる」ものであるという違いがあります。
一般に、視覚でとらえるものは扱いやすいけれども、感覚でとらえるものは扱いにくい、
という性質があります。


PR アトピー対策
PR アトピー改善
PR ステロイド
PR 脱ステ
PR 脱ステロイド
PR 赤ちゃんのアトピー
 

自然現象ですから

感情は「感じとる」ものであり、雨は日に見えて
「確かめることができる」ものであるという違いがあります。
感覚でとらえる感情も、できれば客観的に扱うようになりたいものです。
そのためには、感情というものの性質をよく理解しておく必要があります。
感情に関する基本的なことについての私見を述べておきます


PR 乳児のアトピー
PR 子供のアトピー
PR 大人のアトピー
PR アトピー
PR アトピー性皮膚炎
PR アトピー治療
PR アトピー食事
PR アトピー食生活

一体になってしまえば

一体になってしまえば、たとえば「山の中に入ってしまえ
ば山の姿を見ることができなくなる」ように、あるいは「喉にかかっているタンは汚
いと思わない」ように、それを批判することができなくなりますから、違和感が消え
てしまってそうなるのであります。
不快感に徹すれば不快感が消え、快感に徹すれば快感が消えてしまい
ますので、そのときの感じにあまりこだわっても意味がないのであります。
感じをじっくり味わって生きてゆくのが一番良いということになります。
「苦しみ」に遭遇した場合について申しますと、そのとき私たちはまず
真っ先に、その「苦しみ」から逃れようとするはずです。

客観的に扱うように

感情というものの性質をよく理解しておく必要があります。
 森田理論では、その点について「感情の法則」なるものを明らかにしておりますの
で、これからそれについて考えてみることにしたいと思います。
是非善悪は人間が考え出したものですから、その基準は、人が変わったり、時
代が変わったり、経験を積むことによって変化する性質のものであります。

PR アトピー性皮膚炎
PR アトピー治療
PR ステロイドの副作用
PR ステロイドの止め方
PR アトピー

早くなくしたいと

なんとかして早くなくしたいと思うのが人情ですが、これもそういうわけにはいきません。
消えるまでに時間がかかるものもありますが、それはどうすることもできないので
あります。
「感情の法則」を知らないときは、一層そういう傾向になりやすいと思いますし、
いやな感情ですから自然に逃避欲求が働いて、そうする気持ちはわかりますが、やり
くりすればするほど「こじれて」しまって、簡単に消えなくなり、返って苦しむよう
になるのであります。


PR オニキス
PR オニキス
PR レディース時計
PR 運動グッズ
PR 野菜ダイエット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。