So-net無料ブログ作成
検索選択

不快感にとらわれていく

「不快感にとらわれていく」のですが、一度不快感にとらわれて
しまいますと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。
悪戦苦闘することになるのですが、そうすればするほど苦しみを深めることに
なつて、そういうやり方では苦境から脱出することはできないのであります。
人間になることによって解決されていくのであります。


PR パールプラセンタでダイエット
PR 振袖はIKKOにおまかせ
PR 天然石の魅力
PR オニキスのゴールドリング購入

自然にそうなってくる

症状のあるままやるべきことをやっておれば、自然にそうなってくる
のですが、こうして私たちは、最終的にはやはり「やむを得ず苦しむ」態度になり、
恐怖に突入して、苦しみに「なりきる」体験を通して神経症が解決されていくのであ
ります。
はじめから素直に苦しむ態度になれない人が、仕方なく苦しむ態度にな
るには、かなり時間がかかることになりますが、これは仕方のないことだと思います。


PR 野菜ダイエット
PR ダイエットに効果的な運動グッズ
PR レディース時計
PR オニキスをクリスマスに
PR オニキスのピアス
PR トリバルペンダント
PR オニキスのゴールドリング
PR 天然石の魅力

苦しいという事実

苦しいという事実と、逃れたいという欲求と、逃げられないと
いう現実の問の悪循環のなかで悩むことになりますが、どんなに苦しんでも、もうこ
れでいいということはなく、いつまでたっても「この苦しみから逃れたい」という気
持ちはなかなかなくならないものです。
これに対して森田理論では、そのときの事実に素直に従う態度として「苦しいから
苦しむ」ことを求めていきます。なぜかというと、神経症を早く克服するためには、
逃避欲求に従って逃げるのは好ましくないと考えているからであります。


PR アトピー地獄からの脱出
PR 秋の新作コスメに注目
PR ヨガダイエット
PR ハリつやコラーゲンで美肌
PR 10秒アロマでリラックス

かなりやっかいなことに

雨が降ったときに感じる「不快感」や、別の原因で出てくる心の中の「不安感」
や「恐怖感」のようなものを問題にするようになりますと、かなりやっかいなことに
なります。
感情は、内外の刺激よって発生する心の中の自然現象ですから、本質的には雨が降
るという自然現象と同じですが、感情は「感じとる」ものであり、雨は日に見えて
「確かめることができる」ものであるという違いがあります。
感覚でとらえる感情も、できれば客観的に扱うようになりたいものです。


PR ティファニーのペンダント
PR ブルーサファイア
PR お受験対応サプリメント
PR アレルギー対策
PR オーダースーツ
PR レディースシューズ
PR ツバキシャンプー
PR レギンス

主観的に自分でそう感じている

ただ主観的に自分でそう感じているというまでのことであります。
私がそういう心境になったのは、ごく最近のことですから、さきほども申しました
ように、人生の大半は幸せではなかったのですが、にもかかわらず今の私は、現在の
幸せが得られたのは「神経症」や「うつ病」のお陰であると思っていますから、それ
らのものに感謝しているのであります。
私が「神経症」や「うつ病」にならなかったら、おそらく今の幸せは決して得られ
なかったであろうことが確信をもって言えるのであります。
それを敢えてくれたのがほかならぬ「森田療法」であったわけです。


PR コラーゲン
PR 10秒アロマ
PR おしゃれウォッチ
PR ミッキー期間限定ウォッチ
PR ビフィダス
PR こんにゃく

強化することになるので

注意は常にそのものに向けざるを得ないのでありまして、こうして注意の固着が発生することになります。同様に、ある特定の感覚だけを感じないように排斥したり、それから逃げたりすることは、結果的にその感覚をより強く意識し、強化することになるのであります。
びつくプラスの感情体験を反復強化することが、どうしても必要になるのであります。
「発生してしまった感情は、意のままに変えることはできませんが、新しい刺激をつくりだすことによって、新しい感情を創りだすことができる」ということを忘れてはなりません。
「いま起きている感情はそのままにして、新しい行動を起こせ」というのであります。
私たちは、行動によって自分を変えることができます。それも感情の法則のおかげです。


PR コアリズムダイエット
PR 納豆ダイエット
PR アンチエイジング
PR アテニアの化粧品
PR ヨガダイエット
PR 秋の新作コスメ
PR 脱ステ
PR 脱ステロイド

辛いのを我慢して

「感情の法則」にしたがい、辛いのを我慢して「不快感をじっくり味わって
いれば」、そのうち自然に消えていきます。
消えるまでに時間がかかるものもありますが、それはどうすることもできないので
あります。
「感情の法則」を知らないときは、一層そういう傾向になりやすいと思いますし、
いやな感情ですから自然に逃避欲求が働いて、そうする気持ちはわかりますが、
やりくりすればするほど「こじれて」しまって、簡単に消えなくなり、返って苦しむよう
になるのであります。
「理知的な反抗」という形でできあがっていると育っていいのであります。


PR チタンマリッジリング
PR スリムトップダイエット
PR プロテインダイエット
PR ダイエットクッキー
PR 足痩せダイエット
PR オルビスのダイエット食品

神経症の場合

神経症の場合、それはたいてい 「絶望状態」になることが多いのですが、前記の
「苦しみ」の場合について申しますと、「苦しい感じ」で心の中を染めてしまった状態
だということができます。
体験の世界のできごとですから、理論的にいくら追求しても得られるもので
はありませんが、そういう状態に早くなるために「森田」は、前記の「寝るときの姿勢」のように、
そのときの事実に素直に従って、「苦しいから苦しむ」態度になること、
すなわち「恐怖に突入」することを勧めているのであります。
はじめから素直に苦しむ態度になれない人が、仕方なく苦しむ態度になるには、
かなり時間がかかることになりますが、これは仕方のないことだと思います。


PR ディズニーランド
PR 甘辛ファッション
PR 流行グルメ
PR スラムダンク
PR 女性のうそ
PR バナナダイエット
PR GReeeen
PR 小悪魔メイク
PR バストアップ
PR 冬物ファッション
PR ボアレのブーツ
PR エルメス
PR セルアウトダイエット
PR ダイハーズの腕時計

恐怖と不安という感情

「恐怖」とか「不安」という感情は、内向きのもので、相手が自分の
力ではどうにもならないという判断から生まれてくるものだと思われます。
影響する因子のうち何を重視するかによって、あるいは因子の内容し
だいによって、同じ刺激を受けた場合でも、そのときに起きてくる感情が変わってく
るわけです。
どうすることもできないのは、「感じ」から「感情」になる過程と、発生
してしまった感情についてであって、これから新しく発生する感情については、
前記ものごとの集の菅生えるとかして、雪景にコントロールすることができるのであります。


PR スラムダンク
PR 女性のうそ
PR 流行グルメ 
PR ディズニーランド
PR 甘辛ファッション
PR バナナダイエット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。