So-net無料ブログ作成

衝動的な言動を謹んで

衝動的な言動を謹んで、第一の法則に従って対処する方がよ
いと思われます。
食欲や睡眠欲のように、本能的な衝動を満足させなければならない
場合があるのも事実ですから、そのような場合には周囲に迷惑をかけないように配慮
しながら、その欲望を満足させるように努力することも大切であります。
どんな感情でも「感情は、同一の感覚に慣れるに従ってにぶくなり不感となる
ものである」というのであります。
刺激の継続や執着によって同一の感情が永く続いて困ることが多いものです。
そのまま藩を続けていると次第にその雰囲気に慣れてきて、話蔑に注意が向く
ようになります。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。